社長&新卒社員のインタビュー

社長:
今日は新卒入社の若手の皆さんとキャスティングロードについて語ってみたいと思います。
まずは、皆さんの「入社の動機」を聞かせてくれますか?
町田:
私は、「ヒト・モノ・金・情報」の中で、その中心に位置する資源は「ヒト」であると考え、人材業界に絞り就職活動を行いました。
その中でもキャスティングロードは社員同士の距離が近く、風通しの良い会社であると感じました。
社内イベントや、サークル活動が活発で、この職場であれば、楽しく真剣に仕事に打ち込めると思い、入社を決意しました。
古澤:
面接が、面接っぽくなかったところです。
ガチガチの面接ではなく、人事の方も社長もとてもフランクで、話しやすい環境を作ってくれて自分が思っていることを、素直に話せた唯一の会社だったからです。
清野:
元々人に興味があった為、多くの人と関わることができる仕事がしたいと思っていました。
加えて、中途入社で営業も初めてという女性の先輩社員が大手企業の案件を獲得しているのを知って、私もこんな営業になりたい!と思ったことが入社の決め手でした。
社長:
なるほど。皆さん共通して、社員や会社の雰囲気が自分に合いそうだということ、
チャンスを与えてもらえる会社という点に共感されているようですね。
それでは、「キャスティングロードを一言で表すと」どんな会社ですか?
社長&新入社員対談 イメージ1
町田:
一言で言うと、けじめをつけた働き方ができる会社だと思います。
仕事中は真剣に、社員同士、悩みや問題を改善できるよう協力して日々業務にあたる一方で、サークル活動やイベントの時は盛大に楽しみます。自分の趣味や好きなことに全力で取り組みます。ONとOFFをしっかりとけじめをつけながら頑張ることができる会社だと思います。
古澤:
フランクすぎてユニークすぎる会社!
先輩・上司の垣根があまりなく風通しが良いのと、個性的な人たちがたくさんいる会社です!
清野:
自分たちで組織・仕組みを作り上げていこうという、勢いのある会社だと思います。
社訓もそうですが、社内ルール・規定などは自分たちで意見を出し合い、より良い形を作り上げていく風土があると思います。
社長:
皆さん、なかなか的確に捉えているようですね。どれもその通りですね。
会社の文化や風土は社員同士が切磋琢磨しながら育んでいくものだと思いますので、自分たちで働きやすい環境を作っていって欲しいと思います。
それでは、「キャスティングロードの魅力」について聞いてみたいと思います。
町田:
キャスティングロードの魅力は、年齢や社歴を重要視するのではなく、
実績や姿勢などから公平に評価を得られることです。
自身の行動や成績がそのまま返ってくるので頑張れば頑張っただけ自分に返ってくる評価査定は非常に魅力であると感じています。
古澤:
社員やキャストさんを、大切にしているところですね。
周りの人たちが相談にのってくれたりするので、業務で辛いことがあっても乗り切れます!
清野:
距離感が近いことが魅力だと思います。
営業とコーディネーターが案件やキャストに関して常に共有・相談をしていたり、上長へも状況の報告・相談が気軽に行える為、トラブルを事前に回避できたりクライアントへのより良い提案に繋がっていると思います。
社長:
公正な評価制度、社員同士助け合う風土、人を大切にする文化、どれも人材会社としては大切なことで、キャスティングロードが創業以来大切に守ってきたことです。
それでは、「キャスティングロードが他社と違うところ」はどうでしょうか。
社長&新入社員対談 イメージ2
町田:
社員研修の一環として、キャストを派遣している現場で一緒に働くため、キャストが抱える不安や悩みなどを知ることができます。
その不安や悩みを改善するために社員が行動し、時にはクライアント企業様に職場環境改善の要望を出したりします。
そのようなキャスト視点の提案が、キャスティングロードの強みだと思います。
古澤:
キャストさんのフォローに注力しているところです。
仲の良いスタッフさんとは、仕事のことから世間話まで1時間以上話してしまうこともあります。キャストさんが普段どんな職場で働いているのか、フォローにより直接聞けるので参考になります!
清野:
(キャスティングロードが他社と違うところは…)
営業が案件獲得、人選、キャストのフォローを一貫して行うという点で、他派遣会社よりも
イメージの相違が無くキャスト・仕事の紹介ができていると思います。
社長:
キャスティングロードが、これまで大切にこだわってきたことを強みとしてもっともっと発展させていきたいですね。
それでは、最後の質問です。「どんな人に来てほしいですか?」
町田:
様々な経験をした人や事情を抱えた人と出会うため、たくさんの知識や経験を持った人が活躍できると思います。
私個人的には、休みの日やイベントの時には盛大に盛り上がれる人で、仕事時は真剣に悩み、常に向上心を持った人と一緒に働きたいです。
古澤:
消極的にならずに、分からないことは分からないとはっきり言ってくれる人!
周りの意見を素直に取り入れる人!
清野:
「●●な人」という希望はありません。キャスティングロードの社員は、性格も考え方もこれまでの経験も本当にバラバラで、それが良い刺激となって組織づくりや業務運営に活きていると感じています。
なので、こんな人もいるんだ!と刺激をくれる方が来てくれると嬉しいです。
社長&新入社員対談 イメージ3

キャスティングロードは、まだまだこれからの会社です。
これまでもそうであった通り、これからも社員一丸となって、より良い会社を創っていきたいと考えています。

そんな中で、私が社員に求めることは4つあります。
それは「自分で考えて行動できる人材であること」「礼節を持った対応ができること」「努力を惜しまないこと」「人を大切にできる人材であること」です。
今回、皆さんとお話をして、私自身も良い刺激を受けました!
今後も一緒にキャスティングロードを盛り上げていきましょう!

新卒社員採用ページ

先輩社員の声

PAGE TOP